×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2005. 12. (9歳)
作・U坊 リライト・Umiko



その迷子の子は、自分がなぜここにいるかもわからず、ただ、その長い長い道を歩いていました。

どうしたらいいのかわからないので、とりあえず泣いてみました。




泣きながら、道を歩いていると、木がたくさん茂っている森に入りました。

迷子の子は、木にたずねてみることにしました。

「ねえねえ木さん、ここどこだかわかる?」

しかし、木は何も言わず、サワサワと風に揺れるだけでした。

木が何も言ってくれないものだから、迷子の子はまた泣きながら森を歩いていきました。




すると、小鳥が飛んできました。、

迷子の子は、小鳥にたずねました。

「ねえねえ鳥さん、ここがどこだかわかる?」

しかし、鳥は何も言わず、チュンチュンチュン・・・と鳴きながら飛んでいってしまいました。

鳥が何も言ってくれないものだから、迷子の子はまた泣きながら森を歩いていきました。




今度は落ち葉が落ちていました。

迷子の子は、落ち葉にたずねました。

「ねえねえ落ち葉さん、ここがどこだかわかる?」

しかし、落ち葉は何も言わず、ガサゴソ音を立てながらそこにいるだけでした。

落ち葉が何も言ってくれないものだから、迷子の子はまた泣きながら森を歩いていきました。




泣きながら歩いていくうちに、森を抜けていました。

そこには、灰色の道がありました。道の上を妙なものが走っていました。

何か硬いもので出来ていて、足の代わりに丸いものが4つついていて、それがクルクル回りながら動くのです。上の方は、透明な薄いものでできていて、中が透けて見えました。

迷子の子はそこからのぞき込んでびっくりしました。

中にいるのは、人間だったのです。

迷子の子は、なぜだかわからず怖くなり、また泣き出しました。




すると、青い妙なものを頭にかぶり、妙な服を着た人間が来て、迷子の子にたずねました。

「やあ君、どうしたんだい? こんなところで」




人間がしゃべっています!

人間が動いています!




迷子の子は怖くなって、ただ泣き続けました。その人間が

「おい、どうしたんだ」

と言って近づいてくるので、迷子の子は逃げ出しました。

人間の姿が見えなくなるまで、夢中で走りました。




しばらく走っていくと、女の子はいつの間にか自分の家の前にいました。

「おかえり」

木が言いました。

「おかえり」

小鳥が言いました。

「おかえり」

落ち葉が言いました。




「私、迷子になっちゃったの」

女の子は言いました。

「それは怖かっただろうね。よし、これから美味しいスープを作ってあげるよ」

木が言いました。




そして、木は近くに生えていた人間を引っこ抜いてきて、毒がないか調べてから、大きい鍋で人間のスープを作りはじめました。