×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2005. 10. (9歳)
作・U坊




朝、目が覚めたら、むしゃむしゃになっていた。



もう一度寝たら何かわかるかもしれないと思って、ベッドに戻ろうとしたらベッドがない。どうやらベッドを食べてしまったようだ。

「YN~、起きなさい」

階下から母・KNの声がする。

「会社へ行く時間よ」

しかたなく立ち上がって下りていこうとした。しかし、部屋のドアの鍵を食べてしまったようだ。そこで、ドアを食べて外に出た。

深呼吸をしたら治るかもしれないと思って、玄関の外に出た。しかし、むしゃむしゃは治らない。

「YN~、何してるの」

母・KNがやってきた。

「あら、あなた、むしゃむしゃになってるわよ」

「わかっているよ、母さん。なっちゃったんだ」

「そう、とにかく早く会社に行かないと遅れるわよ」




バス停に行って、バスに乗った。バスが会社に着くまでに、いろいろなものを食べた。回数券、カード、お金、そして、バスのドア。

会社に着いたら、課長HNから

「お、YN、今日はむしゃむしゃだな」

と言われた。

「仕方ないんですよ。なっちゃったんです」

「そうか、じゃあこの仕事を今日中にやっといてくれ」




昼食の時間になった。いろいろなものを食べた。そして、気がついたら夜になっていた。

退社の時間までになんとか仕事を終えて、帰ることにした。エレベーターのボタンを押したら、エレベーターのボタンも食べてしまった。

仕方ないから、エレベーターのドアも食べたら、勢い余って下に落ちてしまった。ちょうど下からエレベーターが上がってきて、その上に落ちてしまった。

チーン。

「おい、今、上でドスンという音がしなかったか?」

「気のせいだ、気にするな」

そんなことを言いながら、中の人が下りていった。

チーン。

「下へまいります」

チーン。

「一階です。上に上がり・・・」

そこまで聞くと、エレベーターの天井を食べて、ドアを食べて、なんとか一階に出た。




ようやく家にたどり着いた。母・KNから

「今夜はもう寝なさい」

と言われた。

「はーい、歯を磨いてきます」

しかし、歯を磨こうとしたらハブラシとハミガキを食べてしまった。しかたなく、そのまま上に行き、ふとんに潜り込んだ。

そして、明日にはむしゃむしゃが治ってることを祈りながら、眠った。




次の朝、起きてみると、もしもしになっていた。