×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




2003. 9. 25(8歳)
作・U坊/リライト・Umiko




博士が、ある殺人現場から脳などを持ち帰りました。

それを機械と一緒にして、ロボットを作りました。

ロボットは、人間そっくりでしたが、力は100馬力、走る速さは時速100キロ、その上空も飛べました。

博士は、ロボットを子供のようにかわいがりました。




ところがある時、ロボットの中の機械が壊れて、空を飛べなくなりました。

それから、しゃべれなくなりました。

そしてついに、全然動かなくなりました。

分解してみても、原因はわかりません。

動かなくなったロボットは博士の研究室に置かれました。

そのまま何年もの時が流れました。




ある日新聞に、

「10年前の殺人事件の被害者は、デビッド・カール(25歳)、犯人はドストロフスキー博士」

と、書いてありました。

それを見て博士はびっくりしました。ドストロフスキー博士とは、自分のことだったからです。




サイレンが外で鳴っていました。

いきなり家のドアが開いて、

「たいほする」

と、警察が入ってきました。




裁判にかけられたドストロフスキー博士は、有罪になって死刑になりました。

死体は土に埋められました。




そのとき、いきなりロボットが動き出しました。

ロボットは、博士が埋められたところに立派な墓を作りました。

そして、毎日、その墓の草むしりをしたのです。





illustration : She is beauty of the Asia